サブのブログ

日常の知りたいこと伝えたいことを書いています

旅行

台北への旅行 治安は?日本語は通じる?注意することは

投稿日:2018年11月11日 更新日:

今とても人気の観光地台北。
私も好きで何度も訪れています。
最近は周りの人にも台北への旅行を考えている人が多く色々聞かれることがあります。
やはり海外ですし治安に対する不安や言葉の問題、他にも注意することがあるのかなど
台北への旅行を考えている方に私の知っている情報をお伝えします。

台北への旅行 治安は?

まず、治安についてですが、こちらはガイドブックにもででいるのですが非常に良いです。
日中はもちろんですが、台北市内を夜歩いていても特に危険を感じたことはありません。
夜に観光客が訪れるとしたら、夜市などがメインになると思うのですが、実際行ってみた感想としてはそういった場所には現地の方も非常に多く、さらに家族連れだったり学校の友達同士の子供たちだったりが普通に食事をしている感じです。
ですので、夜市巡りなどは多少時間が遅くなっても周辺は非常に明るく、人も多いのでそれほど心配する必要はありません。
ただし、スリなどへの注意喚起はされていますのでその点はご注意ください。
ちなみに私は台北に10回くらい訪れていますが一度もトラブルや危険な目に遭ったことはありません。

少し話はそれますが日本に比べて子供が夜遅くまで外にいます。もちろん親と一緒ですが、みんな外で食事をすることが多いのもあって、夜市などでも10時を過ぎたころでも普通に遊んでいたり食事をしています。
日本では親が叩かれてしまうかもですが、それもあってあまり危険は感じないのかもしれませんね。

海外へ行くと繁華街を歩いていると色々な売り込みなどに付きまとわれた経験をした方もおられると思いますが、台北って不思議とそういったこともないです。

ここまで治安が良いと書いてはいますが1つ日本と比べるとこれはあくまで私見ですが、割と車の多い通りなどでも、日本と比べて電灯が少ないところがあって暗く感じたりします。女性にはそのあたり少し怖いかもですね。
(とはいえ何もなかったですけど)
1日の終わりにマッサージに行く予定を立てている方は多いと思いますが、マッサージ店は深夜までやっているのに、いざ行こうとしたら周りのお店は閉店していて、道中暗かったなんてことがありました。
あらかじめ日中に、ある程度場所を調べておいてから予定を立てたほうが良いかもしれませんね。

台北への旅行 日本語は通じる?

治安が良いのは分かっていただけたかと思います。しかし、観光中、目的地が分からなかったりして何かを聞きたいときとても不安ですよね?
台北では日本語が通じるのでしょうか?

これに関しては当たり前ですが通じるところと通じないところがあります。
ホテルに関しては日本語多少なりとも話せるスタッフが大抵いると思います。

街中ではお年寄りの方には日本語で話しかけられたりお店で最初から日本語で注文を聞かれたことがあります。

若い方でも非常に親日な感じで簡単な言葉は通じたこともありました。

やはり海外なので通じないことのほうが多いですが英語よりは通じやすいかもです。

でも、台北を旅行中にあまり言葉で苦労した記憶がないんですよね。
なぜかというと現地の方々が、非常に親切にこちらの言っていることを理解してくれようとしたり、自分が分からないと他の方に聞いてまで答えてくれようとしてくれたからなんですね。

嘘のように聞こえますがこれ、1度や2度ではないんです。

私の経験談ですが、15年ほど前に初めて台北に行った際にホテルの方に聞いた通りの行き方で「行天宮」というところへ行こうとしていました。ところが誤って反対方向のバスに乗ってしまい、全く聞いていたのと違う景色のところを走っていることに気づきました。
とっさに近くにいた中学生くらいの女の子グループに「行天宮」の地図を見せるとなんと一緒にバスを降りてくれて正しいバス停に連れて行ってくれ、乗る際には運転手に場所を伝えてくれたのです。
これで無事着くことはできたのですが、その後も行天宮にどうやって入ってよいか、お参りの仕方など迷っていたところ近くにいた女子学生2人組が見かねて「一緒に行きましょう」とジェスチャーで誘ってもらい無事参拝できました。

この話にはまだ続きがありその後この2人に中正記念堂へ連れて行ってもらい、マンゴーかき氷のお店を案内してもらいホテルの近くまで送ってもらいました。

初めての海外、初めての台北でこんなことしてもらったら台北好きになりますよね。
それ以来何度も訪れるようになりました。

なぜこの章でこの話を書いたかというと、この私の体験談ですが、日本語では全くやり取りしていないんです。もちろん北京語も台湾語も話せません。英語の単語を並べただけの会話でお互いにコミュニケーションをとっています。

つまり、街中では日本語が通じないことも多いとは思いますがこれだけ積極的にこちらが困っていた場合にも話を聞いてくれるのでそれほど心配いらないと思います。

あとお店のメニューなどには日本語表記が多くありますよ。

台北への旅行 注意することは?

一般的な注意点はガイドブックに書いてあると思います。
貴重品は気を付けましょうとかスリに気を付けましょうなどですね。

あとこれはどこでもそうですが夜遅い時間に女性1人で暗い道を歩いたりタクシーに1人で乗ったりは、治安が良いとはいえ海外ですから念のため避けましょう。

ここからは実体験としての注意点ですが、まず、交通安全に対する意識が違います。
日本でよく信号が変わりそうになると横断歩道をフライングしてわたる人を見かけますが絶対にやめてください。時々すごいスピードで車が来ます。
そもそも車優先です。交通ルールというより実際に街にいるとそう感じます。
スクーターが歩道を走ってくることもありますよ。」

次にトイレ事情ですが、以前はどこのトイレもトイレットペーパーを流してはいけません
でした。
排水事情が悪かったのと、あまり溶けない紙を使用していたからなんです。
最近は流せるトイレが増えてきましたが今も禁止の場所があります。

もしトイレなどに「請勿將衛生紙?入馬桶」などと書かれていたら「流すのはNG」、
「勿」がなければ「流してOK」の意味です。
なにも書かれていなかったらトイレのすぐ近くにゴミ箱があると思いますのでそちらに捨てましょう。

それと前章でも書きましたが日本語が通じるところもあるので、台湾人を侮辱したり、見下したりした言動をするのは絶対にやめましょう。

おまけで1つ。
日本との違いで麺料理を食べたりする際に音を立ててすするのはやめましょう。

注意点といえるものではなかったかもしれないですが、日本と同じようなことに気を付けていればあとはマナーの問題くらいです。

まとめ

いかがでしたか?

台北は非常に治安も良いですし、人も非常に親切です。

夜、人通りの少ないところを1人で歩かないことや、スリに気を付ける等、当たり前のことにさえ気を付けていれば安心して旅行を楽しめます。

もし、調べてもわからなかったり不安なことがあったら、思い切って地元の人に話しかけてみましょう。きっと親身になってくれると思いますよ。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

-旅行
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

配車アプリGRAB バンコクで使ってみた感想

海外旅行での移動手段で最近よく配車アプリというのを耳にします。 有名なところではUberですかね。 先日、タイのバンコクへ旅行に行く機会があり、実際に使ってみたので、 そのお話をさせていただきます。 …

ソウルへの旅行 治安はどう?日本語は?注意点は?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 毎年たくさんの人が訪れる韓国ソウル。 グルメや買い物など本当に楽しめるのスポットが多いので、これから初韓国を計画している方もいると思います。 でも「ソウル …

韓国ソウル旅行 あれこれ 

こんにちは。 身近な旅行先として人気の韓国。 ほとんどの方がソウルに行かれるのではないかと思いますが、 私もその1人です。 韓国旅行はそれほど長い滞在日数を取らずにいけるので、休みが短い方でも 行ける …

バンコク旅行 あれこれ

こんにちは。 今回はタイのバンコクについていくつかお話をさせていただきます。 特にまだバンコクを訪れた事のない方や、今、タイ旅行を計画中の方に 少しでも参考になればと思い、基本的なことや、実際に私が感 …

台北への旅行 シーズンは? 気候や服装を紹介

治安も良くて食べ物はおいしくて親日国である台湾。 筆者もこれまでに何度も訪ねています。 台湾旅行に行かれるほとんどの方は台北に行かれると思いますので今回は台北で おすすめのシーズンはいつなのか、気候や …