サブのブログ

日常の知りたいこと伝えたいことを書いています

旅行

ソウルへの旅行 治安はどう?日本語は?注意点は?

投稿日:2018年11月19日 更新日:

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

毎年たくさんの人が訪れる韓国ソウル。
グルメや買い物など本当に楽しめるのスポットが多いので、これから初韓国を計画している方もいると思います。
でも「ソウルって治安はどうなの?」、「日本語は通じるの?」、「何か注意点はあるの?」など不安に思っている方も多いと思います。

そこで、私が実際に韓国を何度か訪れてみて感じたことをお伝えしたいと思います。
ガイドブックに書いてあることとは違うことも書いてしまうかもしれませんが、私が現地で感じたことを書いていきますので、よろしかったら参考にしてみてください。

ソウルへの旅行 治安はどう?

私が海外旅行を計画する際に、同行する家族に必ず聞かれるのは治安のことです。
韓国は日本に近く、比較的情報が入ってきていますので皆さんもある程度はご存知だと思います。

結論から言いますと、特に危険な目に遭遇したことはありません。

ソウル郊外に宿を取って滞在したこともありますが、夜、道を歩いたりしていても危険な感じはしませんでした。

おそらく、みなさんがソウルを訪れる際には観光しやすい明洞周辺をはじめとするソウル中心部に宿泊されると思います。
そういった場所は夜遅い時間まで人が歩いていますので問題ないと思います。

ただ、1本裏通りに入ったりしてしまうと急に暗く人もいなくなりますので、何もなくてもちょっと怖いので歩くのは避けましょう。

それと、平日でも明洞は夕方から非常に混雑します。そのためスリなどには注意されたほうが良いと思いますので、バッグなどは、きちんと自分の前で持つようにして管理されたほうが良いと思います。

ソウルで深夜まで買い物が楽しめる東大門という場所があります。こちらは夜から朝方にかけて卸売店やショッピングビルがにぎわう場所です。
ある程度夜が更けてからがにぎわってくるのですが、こちらもその一帯を歩いてる限りは危険を感じたことはありません。

ただし、帰りのタクシー等が非常に捕まえにくいので、あまり遅くならないうちにホテルへ戻るか、この周辺にホテルを取るのが良いでしょう。

あと、治安とは少し違うかもしれませんが、テレビで報道されているほど日本人だからと言っていやな思いをすることはないと思います。

ソウルへの旅行 日本語は?

基本どこに行ってもソウル市内であればそれほど言葉で困ることはありません。どこでも通じるかというと、そうではなくて、通じない食堂などでも、観光客慣れしているというか、何となく通じていたり、指差しで理解してくれたりするからです。

ソウル市内のほとんどのホテルでは日本語が通じるでしょうし、中心地の日本人が多く宿泊するホテルでは、通じるスタッフがいない場合でも、結構日本語表記があります。
また、買い物などをする際も以前に比べたら日本語を話せるスタッフは減った印象ですが、全く通じないことはないので、それほど神経質にならなくても大丈夫です。

余談ですが、数年前まで明洞などは日本語が溢れ、コスメショップの店員さんは日本語で呼びかけ、日本語で接客してくれていました。
免税店などもそうでした。ところがその1年後くらいに再訪した際には街に中国語が溢れて中国語で接客せる人が増えていました。ちょっと寂しかったです。

日本語とちょっとした英単語くらい話すことができれば韓国語が理解できなくても普通に楽しめます。

逆に流ちょうな日本語でしつこく近付いてくる人にはついていくのはやめましょう。

ソウル 旅行 注意点

ここでの注意点は実際に私が旅行に行った際に感じた事をお伝えします。

1.コンセントの差し込みが違う

日本は電圧が100Vですが、韓国では110V(一部ホテルなど)、220Vがあり220Vが主流になっています。
ホテルのコンセントの辺りを見ていただくと分かりますが、差し込み部に形の異なるものがあったりします。
韓国は日本と違いコンセントの規格がとういつされていません。
まずCタイプとSEタイプがあります。このコンセントに日本の電化製品を接続する場合は変換プラグが必要になります。
日本の家電量販店や空港などでも数百円で購入することができますがその際はCタイプを購入してください。
なぜかというとCタイプのプラグがあればSEタイプでも使用できるためです。

ちなみに日本の電化製品には100V対応と100V~240Vと表記されているものがあります。
どちらも使えるといえば使えるのですが100Vのみ対応のものは変換プラグのほかに、変圧器も使って電圧を変えたりしなくてはならず、
正直あまりおすすめしません。

ホテルによっては変換プラグをフロントで貸し出してくれる場合もあるので、もし、手元になかった場合などは確認してみてください。
また、一部ホテルにはあらかじめ100V対応になっているホテルもあります。
私の場合は、念のためプラグを持っていき、110V対応でない場合は使用するようにしています。

2.トイレは一部紙が流せない

街中の食堂などの飲食店は共同トイレを使用しているところも多くあります。
オフィスビルの地下等にある食堂街などは問題ないところが多いですが、市場の中の
食堂などは流せないことがあります。また、共同のためあまりきれいではないところが多いと感じました。
流せないトイレだった場合は個室内のごみ箱に捨てましょう。

3.歩道が歩きにくい

正直どうってことないと思われるかもしれませんが、デコボコな道、結構あります。
慣れている人は大丈夫だと思いますが私はソウルに行くと良くつまづきます。
特に、冬場は路面も凍結していることが多いですし、慎重に歩いてくださいね。

4.深夜のタクシーには注意

ガイドブックなどにもある通り夜間の女性1人での乗車はトラブル回避のためにも避けましょう。
また、夜間の近距離での利用は断られることが良くあります。もしくはメーターを動かさず交渉してくることもあります。そういったタクシーもトラブル回避のために乗るのはやめましょう。

5.焼き肉は2人前から

韓国では1人ご飯にあまり良い印象がなありません。そのため多くの飲食店が2人前からの注文になっています。最近でこそ1人OKなところが増えてきましたが、それでも焼き肉屋などは2人前が基本のところが多いです。もし1人での食事の場合はお店に入ったら事前に確認してから席に着きましょう。

6.衛生面が不安な方は

ソウルにはあらゆる屋台があって色々なものが食べられます。私自身もB級グルメ大好きで海外へ行くたびに屋台などで普通に食事をしますが、もし体調が悪かったり不安に思っているのならば、やめておきましょう。
また、以前露店でお土産のお菓子を購入しようとしたら期限ぎりぎりのものがありました。
たまたまかもしれませんが、もしお土産を安心して購入するなら空港や免税店もありますが、私のおすすめはロッテマートやホームプラスなどのスーパーです。まとめ買いやセールなどもありますし、何しろ安心して買い物ができます。

注意点と言えるほどかどうかは分かりませんがあえて挙げるならこんな感じです。
まあ、それほど神経質にならなくても普通に過ごして頂ければ何も問題ないと思います。私自身危険を感じた事は一度もありません。

まとめ

今回ソウルの治安や注意点についてご紹介しました。
治安も悪くないですし日本語も通じるところも多く比較的安心して旅行できる国だと思います。
日本では韓国に対して色々言われることもありますが、実際訪れてみると人もとても親切ですし、いやな思いをすることはほとんどないと思います。

これから初めて韓国を訪れようとしている方も、他の国に比べてもコミュニケーションを取るのにそれほど苦労しませんのでそれほど構えずに楽しんでくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

-旅行
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

台北への旅行 治安は?日本語は通じる?注意することは

今とても人気の観光地台北。 私も好きで何度も訪れています。 最近は周りの人にも台北への旅行を考えている人が多く色々聞かれることがあります。 やはり海外ですし治安に対する不安や言葉の問題、他にも注意する …

バンコク旅行 あれこれ

こんにちは。 今回はタイのバンコクについていくつかお話をさせていただきます。 特にまだバンコクを訪れた事のない方や、今、タイ旅行を計画中の方に 少しでも参考になればと思い、基本的なことや、実際に私が感 …

配車アプリGRAB バンコクで使ってみた感想

海外旅行での移動手段で最近よく配車アプリというのを耳にします。 有名なところではUberですかね。 先日、タイのバンコクへ旅行に行く機会があり、実際に使ってみたので、 そのお話をさせていただきます。 …

インドに行きたい

          へんなタイトルですいません。 しかし、このタイトルの通り私「インドに行きたい」のです。 40代ですが海外旅行デビューが遅かったため …

韓国ソウル旅行 あれこれ 

こんにちは。 身近な旅行先として人気の韓国。 ほとんどの方がソウルに行かれるのではないかと思いますが、 私もその1人です。 韓国旅行はそれほど長い滞在日数を取らずにいけるので、休みが短い方でも 行ける …