サブのブログ

日常の知りたいこと伝えたいことを書いています

健康

結石の治療  入院から退院 その後までの体験記

投稿日:2018年12月20日 更新日:

 

 

 

 

 

私は今から約20年前に尿管結石になりました。
体外衝撃波などで一時はなくなっていたのですが、
少しづつ石ができ始め、運悪く腎臓の中で育ってしまいました。

また、大きさだけでなく位置も悪く外部からの衝撃波では壊せない
と、担当医から言われました。

そして、手術が必要と診断され手術を受けました。

それ以降、何度かの手術を経験し、今やすっかり石とのお付き合いが
当たり前のようになってきていたのですが、聞けば結石に悩んで
いらっしゃる方がかなり多いとのことでした。

そこで、今現在結石に苦しんでいたりする方に向けて私の体験談を
お話させていただこうと思い今回書かせていただくことにしました。

入院時に色々ありましたのでその辺りも正直に書かせていただきますが、
私の運が悪かった部分もありますので、軽い気持ちでご覧下さい。

私の結石治療について

皆さんがよく聞く結石は非常に痛みが強く、のたうちまわるような
イメージがあると思います。

ただ、私の場合はそういったことはあまりありません。
以前、トイレで排尿時に石が出てきたことがあり、気になって
泌尿器科にすぐにかかったので、どこかに詰まってしまって
痛くなり苦しんだようなことがなかったためです。

その後、1泊入院し、体外衝撃波で小さく砕き、無事きれいに
結石はなくなっていました。
あとは経過観察で3カ月に1度通院する程度でした。

それから数年後、どうも結石が再発したらしいと担当医に
言われ、検査したところ腎臓の底の部分に結石ができていました。
ただその時は、「この場所にあるなら痛みは出ないから様子を
見ましょう」と言われ、大きくならないような薬を処方されて
飲んでいました。

そのまま、1年半くらい経ったでしょうか。
小さくなる様子もなく「ん?むしろ大きく育ってないか?」
となり、医者からの提案もあり内視鏡手術をすることになりました。

私はてっきり1泊入院の衝撃波だと思っていたので少しびっくりしましたが
どうも私の場合、腎臓の底で、衝撃波を当てたとしても砕ける可能性が
低いという見立てだったらしいです。
無駄に何回も入院したくありませんし、痛い思いもしたくないため
ここは医者の指示に従い入院、手術をすることになりました。

結石治療 入院

ということで、入院することになりました。
大きな総合病院なので心配はしていませんが、少しだけ不安です。

今回は3泊4日の入院予定です。

入院翌日には手術のため夕食後は絶食です。
当日になると水も飲めません。

このあたりは他の手術の場合とまったく同じです。

今回の内視鏡手術はTUL(経尿道的結石砕石術)というものです。
尿管より内視鏡を入れて石を直接砕き、バスケットを用い直接
取り出す手術です。

手術のことをより詳しく書きたいのですが私は麻酔で眠っているため
まったく覚えていません。

ですので、手術後のことについて書かせていただきます。

無事、手術も終わり、病室に戻り、意識も戻ってきたときに
衝撃の事実を聞かされました。

「今回は石が動いてしまって砕けなくて取り出せなかった」

笑顔で言われました・・。
ボーッとしている意識の中で「マジか・・」って思った記憶だけは
ありました。

手術翌日

意識が戻るにつれ「今回の入院は何だったの?」と思ってきましたよ。

麻酔もすっかり冷めているので自分でトイレにも行けるようになり、
点滴を残して全ての管や機械が外れていますが体は当然だるいです。

しかし、このだるさは麻酔をかけて内視鏡を入れたからだるいわけで、
なのに、石は手術前と変わらずにまだ体の中・・。

不安な中で、でも早く結石をなくしたくて手術したのに何も変わらない。
ショックは大きかったですね。

それと、腎臓から尿管、膀胱まで尿管ステントという管が入っています。
後日抜くのですが、これは砕けた石などが詰まらないように入れておくようなのです。
実はこれが一番気持ち悪いと言いますか、違和感、残尿感、頻尿感があるのです。

担当医は「これはしばらく入れておかないとだめ」と言っています。

「・・・はい」一応理解はしました。

しかし、皆さんもお気づきの通り私、
石割れていません!だから詰まりません!
なのにステントを入れたために非常に苦しい思いをしています。
はっきり言って入院前のほうが全然元気です。

午後になると体は回復してきます。夜には普通に食事もできます。
点滴も終わりますが、ステントの違和感だけが苦しいです。

手術で尿管や尿道を傷つけたので血尿は出ますし、排尿の際、
しみるような痛みはありますが少しづつ楽になってきます。

明日は退院です。

結石治療 退院 その後

退院当日、担当医が私のところへ来て、「経過観察しながら
また治療していきましょう」と言って去って行きました。

おいおい、必要があって手術したのに割れなかったらまた経過観察かよ
とは思いましたが今後のことも考えお礼を言って終わりました。

問題のステントですが、これは時間が経過すれば楽になるものでは
ないようです。

色々調べてみても必ず入れるもののようですし他の方は平気なの?
私が異常なの?人と比べた事がないので分かりませんが、私は
とにかくつらいです。

看護師さんいわく「普通に日常生活してもらって構いませんよ」
とのこと。

「はあ?絶対無理」と言いたかったけど自分だけこんなに
苦しんでいるのかもしれないし、ぐっと堪えましたよ。

そのまま、痛み止めの薬だけもらって退院しました。

今回の入院の成果報告

①石は割れていない
②排尿時にしみる
③ステントがつらい

以上になります。

・・・なんじゃそりゃってのが率直な感想です。

まあ、1週間後に無事ステントも抜きまして通常の生活に戻りましたが
石も割れていないのに入院前よりつらいこの数日は何だったのでしょうか。

その後

後日談ですが、3か月ごとに経過観察を行い3年後にまたまた手術をしました。

そしてその手術が非常に大変なものになったのです。

それは後日書かせていただきます。

まとめ

なんかこんな体験談ですいません。
「完全に石がなくなりました!」とか言いたかったのですが・・。

でも、これはあくまで、私の体験談ですし、本来この手術で大半の方は
割れるようです。

私の場合、他の先生もおっしゃっていましたが、非常に石の位置が
悪いそうです。

腎臓の底に少しめり込むように居座っているため通常よりも、難しくなって
いるそうです。(初めにそう言ってほしかったですが)

ですので、本来はもっと効果があるはずです。(想像)

実際にこの方法でかなりの方が治療されていますので私がついていない
だけです。きっと

後日談ですが、この手術から数年後またこの手術にトライしました。
結果また割れませんでした。
しかもその後原因不明(担当医の話)の痛みで救急に運ばれ、
そこからまさかの1週間の入院。

それがきっかけで病院替えました。

これはあくまで私の経験談なので、他に結石治療でこんなに色々ある人は
私の周りにはいません。やはりついていないのか、担当医に問題があったのか。

でもそこそこ有名な総合病院だったんですけどね。

その辺りも後日、書かせていただこうと思っています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

-健康
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

胃カメラ 初めてやりました

こんにちは。 更新をずっとお休みしていましたが、色々あってなかなかやる気にならずに 手が止まっていました。 なかなか書きたいことがなかったのと、本業のほうが忙しくて・・。 まあ、ひっくるめて言うとさぼ …

結石治療 入院から手術 その後再入院までの体験記

私は20年前から結石治療をしています。 最初は尿管結石で衝撃波治療等で治療してきましたが、 あるときからその結石が腎臓内で育ってしまい腎結石になりました。 腎結石というのは痛みもない代わりに位置によっ …

尿路結石の種類は?症状や治療についてご紹介

          今、当サイトをご覧になっている方は尿路結石について 何かしら調べている方だと思います。 「もしかしたらこれは結石?」と思っている方 …

最近のフィットネスブームについて

          最近フィットネスがすごいブームになっていると個人的に感じています。 私はかれこれ20年ほど前から途中ブランクはありますがジム通いを …