サブのブログ

日常の知りたいこと伝えたいことを書いています

スポーツ

イチロー選手について

投稿日:

私はスポーツ観戦が趣味で特にMLBは格闘技と並んで好きなスポーツです。
そんな中2019年3月21日イチロー選手が現役引退を発表しました。
野球好きでMLB好きで同世代のこの件に関して何かを書かずにはいられなかったの で今回書かせていただきます。

2019.MLB開幕戦

テレビで見ていたのですが、普段MLBにそれほど詳しくない方でも、なん
となく、イチロー選手を生で見れるのはこれが最後なのかなと感じていた
ようでしたが、詳しい方なら生で見る機会どころか、この東京遠征こそが、
彼の現役ラストゲームだと思っていたのではないでしょうか。
というのも、メジャーは日本と違い先発投手を含めても25名しかベンチ入り
できません。
野手の控えは多くても4人です。そのうちキャッチャーは必ず1名はいますから
残り3名になります。
その枠は内野手2名(内1名はユーティリティ)、外野1名のような感じになります。
もちろんイチロー選手を外野のバックアップに置くこともできたでしょうが、
マリナーズは現在再建を始めたチームです。その場所には若手を置くか、若手までの
つなぎで誰かを置くのが通常の流れでしょう。
将来殿堂入り確実な球団のレジェンドのイチロー選手をつなぎとして置いておくわけ
には球団としてできなかったのでしょう。
ですから昨年は会長補佐として異例のポジションを与えました。
そして今年です。正直戦力としてはもう考えていなかったのでしょう。
ただそこは球団最高クラスの功労者です。レジェンドとしての最大の花道を用意
しました。
「日本開幕2連戦での引退」です。
おそらくですが、この2連戦でどんなに活躍しても決まっていたのではないでしょうか。
後にイチロー選手がキャンプ終盤に引退を決めたと話していましたが、確かにオープン戦
まったく打てなかったのに、日本遠征メンバーに入れて、試合でも使いましたから。
これが最後だからとすれば納得いきますね。
でもこれすごい事ですよね。
通常引退する選手は、戦力外がほとんどで、活躍した選手でもセレモニーなどで
終わるのがこれまでの流れです。
なのに、マリナーズは球団として大事な開幕2連戦にスタメンで出場させたのです。
これには驚きとともに感動を覚えました。

結果はもうみなさんご存じのとおりです。
残念ながらヒットを打つことはできませんでした。
私は開幕2戦目が最後のような気がしていましたし、実際試合中にそのようなアナウンスが
あったので、ヒットを打ってほしい半面ノーヒットに終わったことに他人ながら少しほっと
してしまいました。
なんか彼なら打ちそうな予感がしてしまうんですよ。
あの時も、この時もすごい事を見せ続けてきてくれた人だから。
でもノーヒットに終わるのを見て私は「これで終わり」って納得できた気がしたんです。
45歳で現役でMLBでスタメンなだけでもとんでもない事なのに、我々はそこにまだヒットを
望んでしまっていたわけで・・。
それがイチロー選手だからなんですけど、打てなかったことでなんかほっとしてしまった
自分がいました。
アメリカに渡って、アメリカに骨を埋めるつもりで勝負してきた彼が、まさか日本で最後の
試合を迎えることができたなんて、野球の神様を初めて信じてしまいました。

同世代のイチロー選手

45歳で引退したイチロー選手ですが、同世代のわたしも同じだけ年を取ってきました。
彼の引退でふと昔を思い出してしまいました。

かつてイチロー選手が1995年9月19日、西武球場でリーグ優勝した試合を現地で観戦
していました。
もうその試合のこともあまり覚えていません。
当時お付き合いをしていた女性と、私の友達とその彼女と行った記憶だけです。
あのときからだいぶ時間が過ぎました。
彼女もそのあと少しして別れ、友達も最近は疎遠になり、友達の彼女に至っては
全く分かりません。
彼女との記憶もいまやうっすらとしかありません。
何が言いたいかというと、それだけ時間も人生も進んでいます。
私もすっかり中年ですし、今や結婚して家族もいます。
イチロー選手の引退で様々な映像が流れるのを見て、私はこれだけ時間が経過して、
見えていた景色は全然変わってしまったけれど、彼だけはほんの数日前まで、あの時と
ほぼ同じ、いやさらに高い場所で同じように野球を続けていたんだと。
それをイチロー選手だからと当たり前のように見ていたけれど自分の人生と重ねたら、
ものすごい時間だとふと思ってしまったんです。
イチロー選手が記者会見で話した「後悔なんてあろうはずがない」この言葉はなんだか
すごく私の胸に響きました。
胸を張ってこの言葉を言える彼はやはり僕らのヒーローだなと。
自分なら言えるかなぁ、それだけの人生をあの西武球場から今まで生きてこれたかなぁ
なんてちょっと思ってしまいました。

まとめ

今回イチロー選手が引退するにあたって、私なんて全然関係ないのに胸に
ぽっかり穴が開いたようになってしまい書かせていただきました。
同じような方もきっといらっしゃるのではないかと思います。
今後何をされるかは分かりませんが、私の勝手な希望としてはコーチも監督もしないで
ほしいなと。
誰にもたどり着けない領域の唯一無二の存在でいてほしいと思っています。
このまま伝説になってほしいですね。
同じ時代でリアルタイムでずっと見れたことに感謝します。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

-スポーツ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スポーツの実況についてのお話

こんにちは。 みなさんスポーツ観戦てお好きですか? 私は、様々なスポーツを観戦することが好きなのですが、特に サッカー、MLB、格闘技が好きでよく見ています。 でも、なかなか生で見る機会はないのですが …

本当に強い! 井上尚弥

突然ですが、本日は私の大好きなボクシングについて書かせていただきます。 2019年5月19日スコットランド、グラスゴーでWBSSセミファイナルが行われました。 WBA世界バンタム級王者井上尚弥VSIB …

最近のフィットネスブームについて

          最近フィットネスがすごいブームになっていると個人的に感じています。 私はかれこれ20年ほど前から途中ブランクはありますがジム通いを …

東京オリンピックについて考えた

              最近仕事も落ち着いてあれこれ考える時間が出来てきました。 ざっくり言うと暇なんです。 そんな時テレビを …